茨城民俗学会会長 今瀬文也

 今年も話題豊富でした。茨城民俗学会としては年の納めとして会誌,会報
の発行と,談話会があります。今年も地球温暖化によって猛暑日がありまし
たが,日射日が少なく,稲作の心配をしましたが,豊作だと聞き安心しまし
た。その影響は野菜や果物に影響を与え,一時高騰しました。最近は朝夕低
気温が続き,ひたち海浜公園のコキアの紅葉が早まりました。テレビ報道の
影響もあって,外国人の入園者も増えています。

 アメリカから返還され,一時自衛隊で利用する案もありましたが,北関東
の憩いの場として活用ができてよかったと思っております。沢田遊水池では,
米も収穫されます。茨城にはすばらしい場所がたくさんあるのですが,今年
も全国の人には好かれないのか人気のない県のワースト一位でした。おもて
なしが下手なのでしょうね。栃木,群馬とワーストを競っていましたが,
この2県は少し上にいったようです。

 茨城民俗学会の評価は今も全国では上位にありますので,これからも歴史
に描かれていない口頭伝承の資料収集に努力していきたいものです。
今年中に朝房山に顕彰碑が建ちます。資金集めに苦労しています。これから
は,昔のことを何らかの形で残さないと,すべてがわからなくなります。
昔話を聞いても,その中の言葉の解説を必要とする時代になりました。

 今回の談話会は2回目として「名字の話」になります。多くの人が参加
することが民俗学会を盛り立てることになります。談話会を通して,これ
からの民俗研究の指針も探りたいと思います。


秋か冬か迷っています