第12回民俗学講座を実施しました。 


      「水戸市内原中央公民館と現地で開催」

 茨城民俗学会は,これまで県内で調査してきた民俗文化財を皆さんにお知らせし,
民俗というものを理解いただくため,出前講座を実施してきました。
昨年度も,引き続き「『常陸国風土記』を読む」講座を実施しました。

 「常陸国風土記」は民俗学との関連が深く興味深い古典書です。
水戸市内原中央公民館で常陸国風土記を読み,その後,伝承地を臨地研修しました。

期 日  講座と現地研修をセットで企画

    【講座】      講師 松崎健一郎氏中心 (本会常任理事等)

        第1回 開講式          平成22年 5月30日(日)
             「信太郡を読む」
        第2回 「久慈郡を読む」            8月29日(日)
        第3回 「茨城郡を読む」    平成23年 1月30日(日)

  【現地研修】
        第1回 「信太郡を歩く」     平成22年 6月27日(日)
        第2回 「久慈郡を歩く」            10月 3日(日)
        第3回 「茨城郡を歩く」     平成23年 2月27日(日)


会 場  水戸市内原中央公民館 水戸市内原町1395-6 電話029−259−4044

時 間  講座 午後1時から3時頃まで

    現地研修は,午前9時頃出発予定,水戸駅南口ホテルテラスザガーデン前に集合。

  ◇ 募集人員 30名(先着順)



 ※ 今までに実施した(12回,年1回)「民俗学講座」の実績
   
(工事中です。 これまで連続で11年間,毎年6〜11回/年間,県内各地で
     実施してきましたが,その内容等について,後日掲載予定します。)